アプリで加工した写真がプロフィールムービーに向かない理由とは?|結婚式のプロフィールムービー制作

BLOG

ブログ

2019.05.03

アプリで加工した写真がプロフィールムービーに向かない理由とは?

結婚式の映像作りに欠かせない「写真選び」。

いざ、プロフィールムービーを作ろうと
実家のアルバムや
スマホのデータを見返していると
「あ、これも使いたい!
 こんなのもあったんだ!」
と、次から次へと予想を上回る
たくさんの写真が出てきたという
経験のある方も多いのではないでしょうか?

どれか1枚には決められない!
どうせなら全部使いたい!見てもらいたい!

そう思うのも当然ですよね。

最近は、アプリで簡単に複数枚の画像を1枚に
編集・加工することができるようになり
たまにその画像を1枚として送ってくださるお客様がいらっしゃいますが
ハッピームービーズではコラージュ写真の使用をオススメしておりません。

せっかく大切な思い出の詰まった写真を
コラージュ写真として1画面に表示してしまうと、1枚1枚の写真の印象が薄くなってしまうのです。

では、どうして印象が薄くなってしまうのか
くわしい理由についてご説明いたします。


①あちらこちらにご本人・ご友人がいると
 見ているゲストの視点が定まらない


②ご本人・ご友人の写真がたくさんあるので
 ズームもズームアウトもできない
 = 単調でたいくつな映像になってしまう!


③お顔にテロップがかぶらない位置に
 調整しようとすると
 ただでさえ1枚1枚が小さいのに
 さらに小さい表示になってしまう
 = 映像の迫力に欠ける!


④アプリは携帯の縦画面サイズで
 作られているので
 DVDの横長の画面に収めた場合
 横に大きく余白が出てしまう。



事実として、実際にお客様に
コラージュ写真を使った映像と
1枚ずつにした映像をご覧いただいたところ
「やっぱり1枚ずつが良い!」という結論になったケースが圧倒的に多く
それはプロの目から見ても明らかです。

もちろん「たくさんの思い出ができました!」などのシーンで
写真の表情を追うのではなく
“写真がたくさんある!”という効果を狙ったシーンは別です。

やはりクライマックスでは
これまでのたくさんの出会いや出来事を
ありありと思い起こさせる、そんな演出が
大きな感動を呼ぶ場面もあります。

ですが、思い出の詰まった写真だからこそ
一枚一枚大切に映し出したいのです。

そのほうが、ふたりの想いが
ゲストに何倍も伝わります。

ぜひ、数あるたくさんの写真の中から
「ベストショット」をお選びくださいね!


とは言っても…
「どうしても加工した写真を使いたい!」
という場合もあるかと思います。

そんな時は
以下の4点に注意してご準備いただければ
弊社でも可能な限り
映像や写真の魅力を損なわないように
制作させていただきます!


①画像の比率は
 DVDの画面サイズにあわせて
 横長(4対3、もしくは16対9)で
 作成しましょう。


 →比率をあわせて余白を減らすことで
  1枚1枚のインパクトが強まります!

②画像の下3分の1には
 お顔が入らないようにしましょう!


 →テロップが2~3行表示されることを
  想定して加工していただければ
  大切なお顔にかぶることなく
  テロップを表示できます。

③加工の際は装飾などは付けず
 シンプルな配置にしましょう。


 →加工の際、キラキラ等の装飾を付けたり
  写真を傾けたり切ったものを配置すると
  ムービー全体の雰囲気と合わず
  違和感が出てしまうことも…。
  写真の魅力を最大限生かすためにも
  装飾や過度な加工はせず
  縦横にシンプルな配置がオススメです!

④ゲストの皆さんへお礼を伝えたいとき
 「皆様のおかげで…」というシーンなど
 “ここぞ!!”という時だけ使いましょう。


 →全体を通して
  加工写真が散りばめられていると
  一番想いを伝えたいシーンの
  インパクトが弱まってしまいます。
  入れるとしても、各パートで
  1枚ずつくらいが効果的です!


特に④はとても大切で
加工写真の使いどころを誤ってしまうと
せっかくのプロフィールムービーが
単調でたいくつな映像になってしまいます。


以下に、加工写真を使っても良いと
思われるシーンをまとめてみましたので
こちらもぜひご覧ください!

・お父様とお母様の間に誕生!
 というエピソードのとき

・きょうだいや親子で
 ソックリだということを伝えたいとき

・ご友人とたくさん出かけられて
 仲の良さを伝えたいとき

・ゲストの皆様に対して、感謝の気持ちや
 たくさんの思い出があることを伝えたいとき


他にも、2枚を比較して見せたい場合など
たくさんの写真が表示されることに意味がある場面でしたら
加工写真でも問題ございません。

以上のことを考えながら
基本は1枚ずつでご準備いただき
ここぞ!という場面では
お写真の加工もご検討いただくのがオススメです♪


ハッピームービーズでは
「心に残る映像演出」をテーマに

ゲストの心を一気につかむ
▷オープニングムービー

いつものふたりがしっかり伝わる
▷プロフィールムービー

感謝の気持ちが心に届く
▷エンドロール

と、幅広いラインナップをご用意しております。

「心のこもった結婚式にしたい」と
お考えの新郎新婦さまは
ぜひ、HAPPY MOVIESにおまかせください!